更新情報・お知らせ

ジュニアキャンプ4 キャンプ実習報告

 12月22日(土)〜12月24日(月)、群馬県前橋市にあるさいたま市立赤城少年自然の家にて行われたジュニアキャンプ4は、48名の仲間とともに大きな怪我や病気もなく、無事にキャンプ実習を終了しました。 

 

 22日(土)、池袋西口公園の天気は雨。できるだけ身体を濡らさないよう出発式も行わず集合した人からバスへ乗車。にもかかわらず、みんなはいい緊張感に包まれています。楽しみにしていることは、アドベンチャークラスはスキー、チャレンジクラスは雪遊びなど、雪ならではのプログラムが車内での自己紹介で発表されています。 高速を降り、山道を抜けて、ぱっと視界が開けたところに飛び込んでくるのは凍結した大沼。誰にとっても初めての場所でのキャンプ。どんなキャンプになるのだろう?期待に胸が膨らんでいきます。施設に到着し、昼食、休憩を挟み、早速みんなは上毛颪が吹きすさぶ冬の野外へ出発。チャレンジクラスは宿舎隣のゲレンデで『雪遊び』。雪の上に寝転んだり、オブジェを友だちと一緒に作ったり。もちろんそり遊びも欠かせません。一人乗り、二人乗り、三人乗り…。友だちと乗ったり、リーダーやサブリーダーと一緒に乗ったり。思い思いの乗り方で、身体と五感を働かせながら、雪の感触を楽しみました。

 


 気温もぐっと下がり、粉雪が舞い降り始めてきた夜、アドベンチャークラスは、『ナイトウォークラリー』にチャレンジ。コース内に取り付けられた反射板を頼りに、懐中電灯でルートをみつけ、ゴールを目指します。コース内に設置してある有人及び無人ポイントをクリアしながら、真っ暗な山道を班で協力してゴールまで歩ききった顔はとびっきりのいい顔。いつのまにか班がきゅっとまとまり始めてきました。



概要 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
キャンプリーダーズクラブ T3